石の魅力

身につける場所で違うパワーの受け方

パワーストーンというのはただ力がある石というわけではありません。
パワーストーンの事を知れば知るほど深い知識を得ることが可能となります。

パワーストーンはそのものがパワーを持っているものとなりますが、
実はそのパワーだけではなく身につける場所でまた違ったパワーを得られることが出来ます。

どういう場所だったらそういうパワーを得ることが出来るのかを知っておいて貰いたいのですが、
例えば今ではパワーストーンはブレスレッドとしてつける人が急増しています。
ブレスレッドは腕になりますが腕につけた場合には開放するという意味があります。
もちろんパワーストーンのパワーを開放するのではなくマイナスのパワーを開放するという意味になります。

また左手と右手の場合でも違っており左手の場合は精神面、つまりストレスなどの開放、
そして右手の場合は現実的なマイナスを開放するという事になります。

次に腕以外にはどこがあるのかという事がありますが
ピアスやイヤリングになっているパワーストーンがあります。
これの場合落ち着いた判断力を得ることが出来るといったパワーを得ることが可能となります。

さらにネックレス方のパワーストーンがありますが、
ネックレス型は精神安定やコミュニケーション能力の向上などのパワーを受けることが可能となっております。

そして最後がリングの場合ですが
リングの場合は魔除けなどが主にパワーとして得られることが可能となっております。

このようにパワーストーンをどこにみにつけるのかということによってパワーの受け方に違いが出てきます。
もちろんパワーストーン自体にそういった効果がない場合でも
身につける場所で効果が変わってくるという事を覚えておくと良いでしょう。

パワーストーンは特殊な力を持っている石となりますがその潜在能力は絶大といわれています。
ですので、使い方一つでパワーも違ってきますのでどういった使い方をするのかを把握しておくといいでしょう。

Menu