石の魅力

塩に弱いパワーストーン

パワーストーンといっても種類は豊富ですし手入れもしないといけない深いものとなっております。

手入れといっても浄化といって石の疲れを解放させてあげる方法なのですが
この浄化方法にはいろいろなものがあります。
太陽に当てたり、水に当てたり、月光に当てたりといったような浄化方法があります。

その中で塩でもんだり塩水につけたりといったような塩を利用した浄化方法があります。

石によっては浄化方法によって色が変わったりするような石もありますので
ここでは塩に弱いパワーストーンはどんなものかを理解しておくといいでしょう。

塩に弱いパワーストーンですが、代表的なものでしたら
アラゴナイト、オパール、ターコイズ、ラピスラズリといった石があります。

こういった塩に弱いパワーストーンは塩を利用することでどうなるのか、
ということをまず知っておいて貰いたいです。

塩と触れることによって色が変わったり、
または塩の粒子が石に入って壊れてしまうといったようなことが起こります。
そういった事で塩に弱いとされております。

ですので、浄化方法でも塩を利用した浄化方法は避けてもらいたいのですが
それ以外にも塩を利用する場合ははずしておくといいでしょう。

パワーストーンはどちらかというと、常に身につけている人が多いですが、
きちんと場合によってははずさないといけないということを覚えておくといいでしょう。

もし常につけておきたい、または塩をよく利用するという方は
塩に弱いパワーストーンを選ぶのはお勧めできません。
いろいろな効果を考えて選んだ石が塩に弱かったりしたら近い効果のある石を選ぶことをオススメします。

無理に見につけて塩によって色あせたり、壊れたりすればもちろん効果は激減します。
ですので、結局はつけてないのと一緒のようになりますので
出来るだけ近い効果のパワーストーンを選ぶことをオススメします。

他にも太陽に弱いといったり水に弱いという石もありますので
そういうのを知った上で購入するといいでしょう。

Menu