石の魅力

身につけることが出来ないときはストラップやチャームにしよう

パワーストーンを身に着ける際は、多くの方がブレスレットとして使用されている方が見受けられます。
ストラップにしたり、チャームにしたりすることが決して悪いのではありません。
特にお守りとしての効果としてはどちらも同じですが、考え方の違いだと思っていてください。

ストラップだからとかそういうことはありませんし、石の力というのは変わりません。
ただ、身に着け方によって自分にとっての捉え方が違うということなのです。

ブレスレットの場合は、手元にあることによって安心感や、お守りとしての価値観が強く感じます。
それは肌と触れているからでしょう。
そして目につきやすいことで石のパワーを感じれます。

ストラップの場合は自分のお気に入りのものにつけることができるので、
そういう部分から安心を得られるかもしれません。

石のパワーというのは見ていて安心することもそうですが、
自分にとって落ち着けるようになるということもあります。
人間の体は正直なのですが、疲れやストレス、感情によって癒されるパワーストーンも変わるのです。

これは目から入った情報が脳に伝達される際に、
状況に応じて「癒し」と感じることが変わるからという事実があるからです。

だからこそパワーストーンの効果というのは、
眺めていて心が落ち着き、お守りとして自分を守ってくれるという安心感があります。
また、石を眺めることで冷静に自分を見つめ直すことができるということなのです。

ストラップの場合は携帯電話につけたりすることが多いですが、
ある意味、お守りとして活用すればプラスになることでしょう。
チャームにしても同じです。

説明してきましたがパワーストーンの魅力やパワーを感じれるようにするには、
ストラップやチャームなどで工夫して自分のお守りとして活用することができるという便利なものです。
また、おしゃれに取り入れるといった方法で、パワーストーンネイルやパウダーなどもあるそうです。

パワーストーンに興味がある人には沢山身につけ方があるというのが分かるのではないでしょうか?
自分にとって身に着けやすい方法で使用されるのが一番のオススメです。

Menu